• 決めておくこと

    不動産売却をする際にまず決めておきたいのは、新しい家を購入するのが先か、それとも売却するのが先か、ということです。それぞれメリット、注意点が異なるので、自分の目的に合った方法を選びましょう。

  • 物件の査定

    不動産売却をする際に、自分の不動産の価値がどれぐらいなのか知るために、不動産会社に査定を依頼します。査定をしてもらう場合は、1つの不動産会社だけではなく、複数の不動産会社に依頼した方が良いです。

  • 売却にかかる費用

    不動産売却をすることで、その売却分の代金を受け取ることができますが、不動産売却では出て行くお金もあります。不動産会社への媒介手数料、耐震診断費用、アスベスト調査費用など様々な費用があります。

不動産会社の選び方

不動産売却をスムーズに行うために、ほとんどの人が不動産会社に仲介を依頼します。不動産会社と一言で言っても様々なタイプがあります。売却の媒介を依頼する場合は、売買物件の媒介業務を取り扱っている不動産会社を選ぶ必要がありますが、会社によって、土地をメインに扱っている会社や、マンションや一戸建てをメインに扱っている会社もあります。ですから、自分が売却する不動産と、その不動産をメインに扱っている不動産会社を選ぶことが大切です。また、実績なども確認しておいた方が、信頼できるかどうかの情報になります。不動産会社の種類は、種類は分譲業者、買取再販業者、媒介業者、専門業務を行っている業者などがあります。それぞれ取り扱っている内容は異なります。

多くの人が不動産会社は大手だと安心すると思いますが、実際は会社の規模はあまり売買に関係しないです。その理由は、大企業と中小企業が受け取っている情報はまったく一緒だからです。同じ物件情報交換システムを利用しているので、どの不動産会社も同じ情報を受け取ることができるのです。また、中小企業の中には、元々不動産会社で働いていて自分の実力を発揮するために独立している人が多いので、不動産の仕事に向上心がある人が中小企業を営業していることも多いのです。ですから、営業年数が長い会社だから、大手の会社だから、という漠然とした情報はあまり参考にならないのです。まずは実際に不動産会社に足を運んで、話を聞くことが大切です。