決めておくこと

手持ちのマンションなどが当面使用しないものとなった際、それ自体を財産として保有を継続することも選択肢の一つですが、課税や管理などを嫌う場合には、売却して現金化することが考えられます。このようなマンションなどは、自分固有の財産ですから、自由に売買することができるのが原則ですが、販売先の確保や各種手続きのことを考えると、専門業者に仲介を依頼することが簡便です。また、このような業者自体を販売先とすることもできます。以上のことを考えると、手続きなどを確実に遂行してくれる業者が適切といえますが、財産の処分ですから、出来るだけ高い値段で販売することも重要です。そこで、できるだけ高額の買取価格を提示してくれる業者を探すことも重要です。

それぞれの業者には、事業の方法などについてそれぞれ個性があるので、一律に選別することは簡単ではありません。また、手続きや買取価格などの、すべての条件を完全に満たすことも難しいものです。そこで重要なのが、手持ちの不動産が適切に査定されるかという点です。同じ中古マンションなどでも、ちょっとしたリフォームは自前で行っておくなど、査定評価を上げる工夫は可能です。マンションそのものの個性とともに、このような工夫が適切に評価されることで、結果として提示される購入価格を納得することができるのです。そこで、出来る工夫をするとともに、査定評価に際して、どのような点をどのように評価したのか、わかりやすく説明してくれる業者を選ぶことが大切なのです。