物件の査定

長い人生の中では、様々な事情により、それまで居住していた自宅や、商売などで利用していた土地および建物などの不動産を売却する機会に遭遇することがあるかもしれません。そのような場合、やはり、少しでも高く、物件を買い取って欲しいというのが、人情ではないでしょうか。いずれにしても、物件を売却する前提として、不動産会社に依頼することになるでしょう。そのような業者を利用して、土地や建物を売却する方法には、大きく2つの方法があります。ひとつは仲介という方法であり、もうひとつは買取という方法です。結論から述べると、仲介を利用して物件を売却した方が、買取を利用して物件を売却する方法よりも、売却価格は、相対的に高くなります。

まず、買取とは、不動産会社が買主となって、物件を購入する方法です。できるだけ早く現金が必要な場合に有効です。実際、売却を急ぐ人たちの多くは、こちらの方法を利用するようです。一方、仲介とは、不動産会社が、売主に代わって、その物件を買い取ってくれる買主を探してくれる方法です。もちろん、買主を探すだけでなく、契約の成立まで、面倒を見てくれます。つまり、買取の場合、買主を探す必要がないので、時間や手間がかからない利点がある反面、売却価格は低くなります。一方、仲介では、契約成立に至るまでに時間を要する反面、売却価格は高くなるというワケです。このように、両者には、それぞれ、メリットとデメリットがあります。状況によって、利用方法は異なることになるでしょう。